きみとぼくの壊れた世界
ミニ氷河期?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地震講座に続いて
 今日は台風講座でも。

 意外と知られていない、台風の名前の由来ですが解説していきましょう。

 日本では、枕草子で見られる表現がある。それは、「野分(のわき)」とう表現である。これが、江戸時代までこの表現が使われていたとされる。「野分」の由来は、野の草を吹いて分けることから来ている。

 明治時代になると、「颶風」(ぐふう)と呼ばれるようになった。1956年の、同音の漢字の書き換えが制定され。今の「台風」と書かれるようになった。

 台風の名前のの由来は、主に以下の仮説がある。

・中国広東省で、激しい風のことを「大風」(たいふん)と言う。それが、その後西洋に渡り、ギリシャ神話、テュポン(Typhon)を英語に表記し、東洋に逆輸入されたという説。

 しかし、英語の「typhoon」、古語では「touffon」は、16世紀には文献に登場しているため、明治に「台風」と呼ばれるようになった日本との矛盾が生じるため、この説はあまり有力ではないと考えられる。

・台湾閩南語(びんなんご)では、台湾から来る強い風を風颶(これ、私読めない)と言い、日本に伝わった説。

・ギリシャ神話に登場するテュポン(Typhon)に由来する「Typhoon」から「颶風」となった説。

 恐らくこの、ギリシャ神話が由来されているのがもっともらしいであろう。


 また、面白い説で

・琉球の久米村の気象学者「蔡温」(さいおん)の造語とされる説もある。

 蔡温って誰よ、と思われる方に簡単な説明を。

 蔡温は、琉球王国を立て直すために環境問題解決に取り組んだ政治家です。

 このように、諸説がある台風の名前の由来。何気なく使っている言葉にも、調べてみると面白いかも知れませんよ?

 等と教育番組的に終わらせてみた。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
(_´Д`)ノ~~
知識人だ
2007/09/07(金) 11:16:07 | URL | by植木秀美 (#-) [ 編集]
あれですよ
 伊達に25年も生きてませんw
2007/09/07(金) 20:41:34 | URL | byはぎー (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
枕草子枕草子(まくら の そうし)は、平安時代中期の女流作家、清少納言により執筆された随筆。「枕草紙」「枕冊子」「枕双紙」とも表記され、古くは作者の名を冠して『清少納言枕草子』、『清少納言記』などといった。中古文学でも特に重要な作品であり
2007/10/05(金) 13:38:49) | あゆみのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。