きみとぼくの壊れた世界
ミニ氷河期?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ニュースサイトっぽくなってきた気がする?
 まぁ、独断と偏見でさらに興味深い記事を紹介しているだけなので、ニュースサイトとは言えないでしょう。


<ドラゴンクエストⅨ>

 ドラゴンクエストⅨがニンテンドーDSで来年発売です。次世代機での投入は見送るそうです。昨今のゲーム情勢として、グラフィック思考から操作思考に流行が戻りつつあるゲームの流行ですので、現在一番売れているハードで売るのは間違った選択ではないと思います。PSPの現状、そして次世代機PS3の見通しがまだ不透明ですしね。来年発売するならばDSを選ぶべきでしょう。Xbox360でもいい気がするけど、今更そこには走るわけがないか。

 ドラゴンクエストって何よって方に。1986年の発売以降、シリーズで、本編累計3000万本、派生版を含めると4000万本以上を出荷した国内ゲーム最大のソフトです。参考に今までの出荷本数を記載しておきます


累計出荷数にはリメイク版も含めます。機種は当初発売機種。

・ドラゴンクエスト  1986年5月 ファミリーコンピューター 150万本
・ドラゴンクエストⅡ 1987年1月 ファミリーコンピューター 240万本
・ドラゴンクエストⅢ 1988年2月 ファミリーコンピューター 600万本
・ドラゴンクエストⅣ 1990年2月 ファミリーコンピューター 440万本
・ドラゴンクエストⅤ 1992年9月 スーパーファミコン 450万本
・ドラゴンクエストⅥ 1995年12月 スーパーファミコン 320万本
・ドラゴンクエストⅦ 2000年8月 プレイステーション 410万本
・ドラゴンクエストⅧ 2004年11月 プレイステーション2 460万本

 ちなみに私のお薦めは「Ⅴ」です。聞いてないって?


<Wiiのコントローラ>

 任天堂新型ゲーム機Wiiのコントローラですが、きました、特許侵害。アメリカで現在訴えられています。くだらね…


<本本本>

 最近本の話題をしていないなぁということで、まぁ、読んだ本をまた紹介していこうかと。オンラインゲームを始めてから読む本の量が減ってきたので、読む量が月10冊程度になってしまいました。まぁ、適当に読んだ本を一言ずつ感想言って見ようかと。


・サンダーガール2 牙ノ鳥 / 鈴木鈴著・メディアワークス

 吸血鬼のおしごとが、あぁいう終わり方をしたのでどんだけ、ダウナーに落ちるのか期待中。と思ったら作者は今回は落とさないとおっしゃってましたので、この流れで行きそう。普通に面白いですよ。想いが伝わってくる今巻でした。


・小指の先の天使 / 神林長平・早川書店

 神林氏の作品を初めて読みましたが、面白い。このなんといっていいか解らない面白さがあります。短編集なのですが、全部読むとあぁ、成る程っていう感がします。


・左巻キ式 ラストリゾート / 海猫沢めろん・イーグルパブリシング

 買ってから気付いたんですが、官能小説というか18未満禁止の小説。強姦、殺人などグロテスクな表現が含まれていますので読む方は注意。普通に面白いですよ。法則無視なミステリ小説です。 
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
吸血鬼のおしごと『吸血鬼のおしごと』(きゅうけつきのおしごと)は、鈴木鈴作のファンタジックコメディライトノベル。イラストには片瀬優のものが使われている。シリーズ一覧 吸血鬼のお仕事 the style of Vampires 吸血鬼のお仕事2 the style of Servants 吸血鬼のお
2007/08/05(日) 12:29:49) | 文学・古いものから今まで
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。